英語の教科化で中学校受験にどんな影響が出る?

あなたの子供は中学受験の英語試験に対応できますか?

 

2020年度から施行される学習指導要領で英語の教科化が始まります。

 

英語の教科化によって小学生5、6年生から教科としての英語の授業が始まるなど教育現場が大きく変化します。

 

小学校の英語教育が変化するのであれば、当然中学受験の内容も変化すると考えるのが自然です。

 

中学受験では帰国子女の子供用に英語の試験が用意されていることもありますが、今後の学校側の対応次第では英語の試験が必須になる可能性も否定出来ません。

 

実際に、小学5、6年生で英語を学ぶことで中学校でスムーズに英語を学べるように、小学校と中学校で連携を取る準備がされています。

 

今後、あなたの子供がよりレベルが高く安全で質の高い学校に進学するためには、英語の学力が重要になってくることは言うまでもありません。

英語の教科化で中学受験に必要な英語力は身に付く?

小学校の英語教科化により小学生全員が平等に同じような英語教育が受けられると思っていませんか?

 

同じ小学校内であれば授業の質にあまり差は出ないかもしれませんが、他の小学校と比較すると英語教育のレベルに差が生まれる可能性が大きいんです。

 

なぜなら、英語の教科が始まったばかりで教育現場もバタバタ状態。

小学校教員の英語レベルにもバラつきがあります。

 

その様な状況であればそれぞれの小学校によって英語教育のレベルに差が出るのは当然ではないでしょうか?

 

しかし、中学受験は他校の児童との競争でもあります。

ということは、今通っている小学校の英語の授業だけでは、他校の授業よりもレベルの低い英語のスキルしか身に付かない恐れがあるんです。

 

最悪の場合、必要な英語のスキルさえ小学校の授業では身に付かない可能性も否定出来ません…

 

英語の教科化が始まっても中学受験で勝ち抜くためには?

小学校の授業レベルにバラつきがあり、小学校教員の英語能力も十分ではない中でどのようにして子供の英語の学力アップをすればよいのでしょうか?

 

その答えは家庭にあります。

 

家庭でどれだけ英語の学力を伸ばせるかが鍵になってきます。

 

お子さんがどれだけ勉強を頑張るか、も重要ですが親であるあなたのサポートも同じくらい重要になってきます。

 

お子さんが英語の勉強を集中して出来るようにする環境を整えるのは親であるあなたにしか出来ません。

 

あなたのサポート次第で、お子さんが順調に将来の道を歩んでいけるか途中で人生を挫折してしまうかが決定してしまう可能性だってあるんです。

 

少し大げさかも知れませんが、小学校で急に英語の授業が始まると確実に子供たちは戸惑います。

 

その戸惑いによって英語に苦手意識が生まれ、英語の授業が嫌になって周りに付いていけなくなり、英語がネックになって受験が上手くいかないことも大いにあり得ることです。

 

そんな大事になって、お子さんが暗い人生を歩み始めることを未然に防ぐために親であるあなたのサポートが必要なんです。

 

英語の教科化に負けない子供にするために親にできるサポートとは?

もし、親のあなたが英語を話せて、書けて、聞き取れて、読み取れるのであれば自宅で英語の教育が出来るのかも知れません。

 

しかし、家族の誰も英語が出来ないという場合、自分たちだけの力では手の打ちようがない場合…

親であるあなたはどうすれば良いのでしょうか?

 

近くに英会話教室はありますか?

もしそうなのであれば、一度体験入会してみると良いでしょう。

近くに英会話教室がない場合は?

今はネットの時代ですし、オンラインで英語の授業をしてくれるサービスもあります。

 

何も今すぐお金を払う必要はないんです。

しかし、少しでも何かひとつでも小さなアクションを取らなければ、あなたのお子さんの未来は変わりません。

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です